「シズばあさんのちえぶくろ」/出口かずみ最新刊「どうぶつせけんばなし」より



『シズばあさんのちえぶくろ』 出口かずみ / 作・絵

シズばあさんは、年よりの イヌです。
年を とってから、シズばあさんの いえには、よく ごきんじょさんが やってきます。

「シズばあさん、おりがみを おしえてよ。」
「 ‥‥‥ 」
シズばあさんは、いるすを つかいます。
いるすとは、ほんとうは いえにいるのに、いないふりを することです。

「シズばあさん、かぜに きくのみものは なにとなにを まぜればいいの?」
「 ‥‥‥ 」
シズばあさんは、また いるすを つかいます。

「シズばあさん、しょうゆのシミとり どうやるんだっけ?」
「 ‥‥‥ 」
また いるすです。
ごきんじょさんたちは、あきらめて かえっていきました。


ある日、村のはたけの トウモロコシが、ぜんぶ かれて しまいました。
げんいんが わかりません。
村の みんなは あつまって はなしあいましたが、いいかいけつほうは みつかりません。

「そうだ!シズばあさんに きいてみよう!」
みんなは シズばあさんの いえに むかいました。
げんかんの チャイムを ならし、
「ねえねえ シズばあさん、トウモロコシは どうして かれてしまったのでしょう?」
「 ‥‥‥ 」
シズばあさんは、また いるすを つかうのでした。

「ねえ!シズばあさん!」
「おしえてよ!」
ドンドンドン! みんなは とびらを ノックしたり、ガラスどを たたいたりしました。

しばらくして…
ガラッ!

シズばあさんが かおを だしました。
「わたしが 年よりだからといって、なんでも しっていると おもうなよ!」 と、
シズばあさんは どなって、ガラスどを ピシャリと しめました。


シズばあさんは、年よりだけど、あんがい ものごとを しらないのです。

(おしまい)

           

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《 補足 》
このお話は、出口かずみさんの最新作「どうぶつせけんばなし」に収録されているお話です。

◎出口かずみ「どうぶつせけんばなし」 ※通販でも購入可能です。
http://rusuban.ocnk.net/product/9103

この本は、9つの短いお話が入った短編集です。

著者の出口かずみさんが、猫に読み聞かせるために書かれた短いお話たち。
どのお話も、派手な展開はないけれど なんだか可笑しい。
一度読みはじめたら、気付かないうちにニヤニヤしているかもしれません。


9つのお話のタイトルはこちら。

(1) アヒルとめがね
(2) こねこのしろくろ3きょうだい
(3) きをつかったリス
(4) もぐらのどりょく
(5) シズばあさんのちえぶくろ
(6) わすれんぼう、ねぼう、かくれんぼ
(7) やすみの日のネコ
(8) とりとおじいさん
(9) こぐまのチャムチャム


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・